遺言書作成に関するサービス。無効とならない正しい遺言書の作成及び、内容チェックを神戸の行政書士がサポートします。


   TOP業務案内遺言書に関するご相談

 

遺言書作成,相談のサービス

MainTop

遺言はその人の最終の意思表示です。遺言は法律(民法)でその方式が定められており、それに従わなければ無効となります。

その一言が遺言の効力を変え、その一行が残された家族を守ります。無効とならない、不備のない正しい遺言の作成をサポートします。


ご相談内容に応じた遺言書作成及び、作成に関する相談

「遺言を作成したけど、間違っていないか見てほしい」
「これから遺言を作りたいけど、どうすれば良いかわからない」
「自分の場合はどういった遺言を書いたらいいのか聞いてみたい」
「どんな事が遺言で出来るのか聞いてみたい」
「そもそも書き方、作り方がわからない」

遺言書の作成に関する疑問等、当オフィスまでご相談、お問い合わせください。ご相談内容に応じて適切な遺言書作成をサポートします。

遺言書を作成することをお勧めするケースの例

法定相続分と異なる配分をしたい場合

相続人それぞれの生活状況などを考慮した財産配分を指定できます。

相続人の人数・遺産の種類・数量が多い場合

誰が何を取得するかについて、明確に指定しておけば紛争の防止になります。

配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合

配偶者と義理の兄弟姉妹(遺言者の兄弟姉妹)との協議は、なかなか円満に進まないことが多いようです。遺言書を作成することにより、すべてを配偶者に相続させることができます。

相続人以外に財産を与えたい場合

内縁の妻や子の配偶者(息子の嫁など)への贈与や、生前特にお世話になった人などへの寄付が遺言書作成することにより可能です。

その他

先妻や後妻のそれぞれに子がいる場合や配偶者以外に子がいる(婚外子)場合、相続人の中に行方不明者や浪費者がいる場合、相続人同士の中が悪い場合等です。


当オフィスでは

 

遺言書作成に関する疑問等お問い合わせください、ご相談内容に応じて適切な遺言書作成をサポートします

「遺言書を作ったけど間違っていないか確認したい」,「これから遺言書を作りたいが、どうすれば良いかわからない」,「自分の場合はどんな遺言を書いたら良いか聞いてみたい」,「そもそも書き方がわからない」等、遺言書作成に関する不明点など、ご相談内容をヒアリングしたうえで、適切な遺言書の作成をサポートします
お問い合わせは Tel 078-599-8780 Fax 078-599-8781
又は当ホームページお問い合わせフォームからお問い合わせください
Contact us


お問い合わせ、ご相談の流れ

01 お問い合わせ

まずは、お電話,Fax又は当ホームページのお問い合わせフォームで、当オフィスまで連絡下さい。
TEL 078-599-8780 Fax 078-599-8781

02 ご相談,打ち合わせ

詳しい相談内容を伺います。当オフィスでのご相談又は、お客様のご自宅や職場の近郊などご希望の場所へ伺います。初回30分の相談は無料となっています。
(※)お客様のご自宅や職場の近郊などご希望の場所へ伺う場合は別途交通費の実費を頂戴します。

03 お見積り,ご検討

ご相談内容をもとに必要書類を確定の上、費用のお見積り・お支払い方法等を提示いたします。その場での判断は必要ございません。十分ご検討頂いた上で、依頼するかどうかを連絡下さい。

04 当オフィスへの申し込み

費用等についてご了承いただいた上で正式にご依頼をいただければ、すみやかに業務に着手いたします。ご依頼の際はご本人確認のため運転免許所・健康保険証などの公的身分証明書をお持ちください。
(※)業務報酬には印紙、証紙、登録免許税、官公署手数料等の法定費用は含まれておりません。

05 修正,納品

書類の原案作成が完了すれば、これをご依頼者の方へお引渡します。内容の確認をしていただき、修正点があれば協議の上、さらに修正していきます。もちろん、不明点があれば、ご説明します。ご依頼者との協議の結果、書類が完成すれば、これをご依頼者に引渡、納品とさせていただきます。

業務のご案内

keiyakuSerice

権利義務書類作成のサービス
どんな書類を作成したら良いかわからないが、とにかく約束したことを文書にしたい。ご相談内容に応じて適切な文書をご提案、作成をサポートします。
契約書作成サービス
事業形態,取引状況,新規事業立ち上げ,新規取引,約束,取決め事等、ビジネス,プライベート夫々のご相談内容に応じて適切な契約書をご提案、作成します。
契約書チェックサービス
「雛型を利用して作成した」,「以前作成した契約書を利用して修正を加えた」等、お手元の契約書に不安,疑問がでてきたとき、契約書の内容をチェックします。
合意書や覚書作成相談サービス
プライベート,ビジネスにおける取決め等を文書にして、曖昧な記憶や都合の良い解釈によるトラブル防止のため、文書のご提案,作成、文書チェックをサポートします。
念書作成相談サービス
念書を受け取った方は、内容に異議を申し出ない場合は、記載された内容を了承したものとみなされます。一方的に不利益になっていないか内容確認をサポートします。
遺言書作成相談サービス
遺言はその人の最終の意思表示です。遺言は法律でその方式が定められており、従わなければ無効となります。不備のない正しい遺言書の作成をサポートします。

ABOUT US

documentSerice

サイト運営

行政書士オフィス辻下

所在

〒650-0022
兵庫県神戸市中央区元町通6-8-19  804号
TEL 078-599-8780
FAX 078-599-8781

サイト管理者

行政書士 辻下仁雄
1961年11月  大阪市生まれ  神戸市在住

甲南大学理学部卒業
応用数学を学び、システムエンジニアとしてIT関連企業に勤務
2017年  行政書士事務所を開業  現在に至る



関連記事

契約書作成の意義と契約
契約書や念書等の書類の違いと法的効力について
合意書や覚書の効力と契約書との違い
有効な合意書や覚書の書き方
念書を書く場面とその効力や書き方
遺言にまつわる豆知識


TOP −業務案内− −オフィス案内− −お問い合わせ−