契約書、合意書、覚書、念書、遺言書等の作成及び作成に関する相談サービスの業務案内

MainTop



  ― ビジネス,プライベート
          それぞれのご相談に応じたオーダーメイドの書類を作成


契約書,合意書,覚書,念書,遺言書等の権利義務に関する書類について、ビジネス,プライベートそれぞれのご相談,ご依頼内容に応じて適切なオーダーメイドの文書を作成します。

業務のご案内


契約書,合意書,覚書,念書等権利義務に関する文書作成のご案内

どういった文書を残せば良いかわからないが、金銭,家庭,家族,仕事等、とにかく「約束したこと」,「取り決めたこと」を後々のトラブル防止のため文書として残しておきたい。曖昧な記憶や都合の良い解釈によるトラブル防止のため、ビジネス,プライベートそれぞれのご相談内容に応じて、契約書,合意書,念書等の文書作成をサポートします。
こちら参照




オーダーメイドの契約書作成のご案内

契約の成立には原則として契約書のような書面は必須ではありません。そもそも「契約書を作成しない」という選択肢もありと思います。契約の目的や種類,金額によって様々な内容の契約があり、契約書も様々です。業務・取引形態、ご相談・ご依頼内容に応じてオーダーメイドの契約書を神戸の行政書士が作成代行します。
こちら参照




各種契約書の内容チェックに関する業務のご案内

「雛型を利用して作成した」,「以前作成した契約書を利用した、あるいは修正を加えた」,「相手先から契約書を提示された」等、お手元の契約書に不安,疑問がでてきたとき、記載しなければならない事項に漏れがないか、不要なことが書かれていないか、一方的に不利な条件はないか、矛盾点,法令違反はないか等のチェックをサポートします。
こちら参照



合意書,覚書等ご相談内容に応じた文書作成のご案内

合意書や覚書など、約束事,取決め事の文書作成。プライベート,ビジネスそれぞれのご依頼,ご相談に対して、「曖昧な記憶や都合の良い解釈による紛争を防ぐため」,「将来発生するかもしれない紛争を未然に防ぐため」,「解決した紛争の再発を防ぐため」、お互いの権利義務を明確にした文書の作成を通してサポートします。
こちら参照



念書の作成,内容確認,ご相談に関する業務のご案内

念書は合意書や契約書と違い当事者の一方のみが作成し、他方当事者に差し入れます。受け取った側は内容に異議を申し出ない場合、記載された内容を了承したものとみなされます。差し出す側に都合のよい事実のみが記載されている場合は、速やかに修正を求めることが大切です。念書の作成,書き方,内容確認等ご相談承ります。
こちら参照




遺言書の作成,相談に関する業務のご案内

そもそも遺言は法律(民法)の定める方式に従わなければ効力がありません、法律の定める正しい遺言書の作成をサポートします。ご相談内容に応じて、遺言として残しておきたい最終の意思表示を、不備のない、無効とならない正しい遺言書として起案します。その一言が遺言の効力を変え、その一行が残された家族を守ります。
こちら参照




お問い合わせ

合意書,覚書,念書,契約書等の文書作成に関するお問い合わせのご案内

 

簡易な内容であれば、無料相談内で対応可能です、まずはお問い合わせください。費用が発生する場合は、別途お見積り致します。その場でのご判断,ご返答は必要ございません。十分ご検討の上、ご連絡下さい。その他、サービス内容,料金,作業の進め方等、ご不明点,疑問点についてもお気軽にお問い合わせください。

About us


お問い合わせは
Tel 078-599-8780 Fax 078-599-8781(営業時間 平日9:30〜17:30)
※)事前にご予約を頂ければ営業時間外でも対応致します
又は当ホームページお問い合わせフォームからお問い合わせください(お問い合わせフォームからは24時間受付)
Contact us




権利義務文書に関連する記事

権利義務書類に関する問い合わせ
契約書,合意書,覚書,念書など権利義務に関する書類についてのよくあるお問い合わせをまとめています

契約書作成の意義と契約
皆様は日々の暮らしで契約を意識することはあまりありませんが、色々な契約をしながら暮らしています。しかし、書面を作成することはほとんどしていません。原則、契約の成立に書面は必要ありません。では、何故契約書が必用なのでしょうか?

契約書や合意書のタイトルの違いと効力
タイトルは作成するケースによって使い分けているだけで、その効力は書かれている内容によって判断します。つまり書かれている内容が当事者の関係を規定し、表題は当事者の関係を規定しません。

契約書等の権利義務文書の法的効力
契約書や合意書,覚書等の権利義務文書に法的効力が「有る」とか「無い」とかといったことについて。文書の存在やそのタイトルが法的効力の有無を決めるのではなく、その文書に書いてある内容が法的効力の有無を決めます。

契約や合意(約束)をやめたい
一旦契約を締結すると、契約の当事者はその内容を守る義務を負います。原則、合意書、契約書等の文書が「有る」とか「無い」とかは関係ありません。ただ相手方が「そんなに言うのなら無かったことにしましょう」等と同意してくれる場合は別です。

合意書や覚書の効力と契約書との違い
合意書や覚書は当事者間の合意事項を文書にしたものです。覚書は、一般的に何らかの忘れたくないことや、話し合った内容などを記録として残しておくためのメモとして作成している文書です。

有効な合意書や覚書の書き方
合意書や覚書は、基となる契約書に対して付随的・派生的・補足的な内容を記載するイメージがありますが、記載内容によっては契約書と同様に法的効果があります。

念書を書く場面とその効力
個人的なやり取りにおいて、約束した証拠として又は、事実を確認した証拠として交わされることが多い念書。念書に関して、作成する場面、契約書、合意書、覚書等の文書との違いや効力について

遺言にまつわる豆知識
遺言を作成する上で色々と知っておきたい豆知識をご紹介します。相続、法定相続人、遺贈、遺留分、相続放棄、検認等、遺言書作成の際、お役立てください。


料金(Price)

サービス内容料金(税別)

契約書、覚書、合意書、遺言書等の文書作成に関する相談
  
  初回30分無料 / 以降1案件(60分〜90分程度) ¥5,000

契約書、覚書、合意書等の文書内容診断
  
  ¥10,000/1件〜 (書類を確認の上、別途お見積り致します)

契約書、覚書、合意書等の文書原案作成
  
  ¥20,000/1件〜 (詳細を伺った上、別途お見積り致します)

遺言書の起案及び作成指導
  
  ¥50,000/1件〜 (詳細を伺った上、別途お見積り致します)

※面談による初回30分の相談は無料となっています。
※お問い合わせ,ご相談後、その場での判断は必要ございません。十分検討頂いた上で、依頼するかどうかをご連絡下さい。
※上記料金とは別に、収入印紙代や交通費等の実費を頂戴する場合がございます。合わせてお見積り致します。


当オフィスへの業務ご依頼、ご相談の流れ

01 お問い合わせ

まずは、お電話,Fax又は当ホームページのお問い合わせフォームで、当オフィスまで連絡下さい。
TEL 078-599-8780 Fax 078-599-8781

02 ご相談,打ち合わせ

詳しい相談内容を伺います。当オフィスでのご相談又は、お客様のご自宅や職場の近郊などご希望の場所へ伺います。ご依頼内容のヒアリングはメール、お電話でも対応可能です。
面談による初回30分の相談は無料となっています。
(※)お客様のご自宅や職場の近郊などご希望の場所へ伺う場合は別途交通費の実費を頂戴します。

03 お見積り,ご検討

ご相談内容をもとに必要書類を確定の上、料金のお見積り・お支払い方法等を提示いたします。その場での判断は必要ございません。十分ご検討頂いた上で、依頼するかどうかを連絡下さい。

04 当オフィスへの申し込み

費用等についてご了承いただいた上で正式にご依頼をいただければ、すみやかに業務に着手いたします。
(※)業務報酬には印紙、証紙、登録免許税、官公署手数料等の法定費用は含まれておりません。

05 修正,納品

書類の原案作成が完了すれば、これをご依頼者の方へお引渡します。内容の確認をしていただき、修正点があれば協議の上、さらに修正していきます。もちろん、不明点があれば、ご説明します。ご依頼者との協議の結果、書類が完成すれば、これをご依頼者に引渡、納品とさせていただきます。

当オフィスでは

 

大切な約束事,取り決め事等、ご相談内容に応じて各種契約書をはじめ、合意書,覚書等、適切な種類の書類を作成します

ご相談内容をヒアリングしたうえで、約束事の種類に応じて必要事項を漏らすことなく記載した適切な種類の書類を作成します

その他、サービス内容,料金,作業の進め方等、ご不明点,疑問点についてもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは Tel 078-599-8780 Fax 078-599-8781(営業時間 平日9:30〜17:30)
※)事前にご予約を頂ければ営業時間外でも対応致します

又は当ホームページお問い合わせフォームからお問い合わせください(お問い合わせフォームからは24時間受付)
Contact us




TOP −業務案内− −オフィス案内− −お問い合わせ−