オフィスのご案内 | 神戸 行政書士オフィス辻下
理系出身の行政書士事務所。SEとしてIT関連企業勤務後,行政書士事務所を開業。システム開発も契約書などの文書作成も、いづれもロジックの積み重ねです。契約当事者の行動規範となるような書類の作成を心掛けています。

オフィスのご案内

―約束した事実と、その存在の証拠として有用な書類を作成―

名刺

ビジネス,プライベートを問わず大切な約束(合意)や取決めた内容(契約)を書き記した書類は、約束したという事実とその約束が存在することの証拠として有用です。自身で作成した書類に法的に効力があるのか、どんな書類を作成したらいいかわからない、そもそも作り方がわからない等々。お問い合わせ,ご相談下さい。


OFFICE INFORMATION


  事務所名   行政書士オフィス辻下
  代表者名  

辻下仁雄
兵庫県行政書士会所属  登録番号17300188号

  連絡先   電話番号
FAX番号
  営業時間 9:30〜17:30(土曜・日曜、祝祭日 休)
  ※)事前にご予約頂ければ、時間外でも対応いたします
  業務 契約書をはじめ、合意書,覚書,念書などの権利義務に関する書類の作成,内容チェック及び、作成に関する相談
  アクセス

  〒650-0022  兵庫県神戸市中央区元町通6丁目8-19
  ランドマークシティ神戸西元町 804号  

 
  阪神「西元町駅」西側改札を出て宇治川方面出口すぐ
  建物1Fでインターホン804を押してください







PROFILE




Profile


経歴
甲南大学理学部卒業
応用数学を学び、システムエンジニアとしてIT関連企業に勤務
2017年行政書士事務所を開業 現在に至る
2級ファイナンシャルプランニング技能士


理系出身でSEとしてプログラミングやシステム開発のプロジェクトマネジメントを経験してきました。コンピュータプログラムと契約書や合意書,念書などの権利義務に関する文書は似ているところがあると感じています。いずれもロジックの積み重ねで、プログラムはコンピュータ(機械)の動作を決め(動作規範)、契約書などの書類は人の行動規範となります。一字,一行の間違いで結果が真逆になったりもします。契約書などの書類は、プログラミング言語と違い、人の言葉で作成するため、どうしても曖昧さを含みがちです。専門家として又、理系出身のSE経験者として、権利義務の明確な書類作成を目指します。学生時代はマンドリンギタークラブに所属しマンドリンを弾いていました。卒業後も音楽を続けていて、現在も社会人のマンドリンオーケストラに所属しマンドリンを弾いています。
『書類作成のプロフェッショナルを自覚し、プロフェッショナルであり続ける』ため、日々研鑽。

ご相談,お問い合わせ

契約書をはじめ、合意書,和解書,念書,覚書,利用規約,同意書などの権利義務書類について、書き方がわからない、効力があるかわからないなど不明点などありましたら、ご相談下さい。

 

簡易な内容であれば、メール,電話のみで対応可能の場合もあり、無料相談内で解決する場合もございます。まずは、ご相談下さい。ご相談内容によって、費用が発生する場合は別途お見積り致します。その場での判断は必要ございません。十分ご検討のうえご連絡下さい。その他、サービス内容,料金,作業の進め方などご不明点についても、お気軽にお問い合わせください。
電話でのお問い合わせは電話番号業務時間 9:30〜17:30(土・日・祝祭日 休
問い合わせフォームからは24時間受け付けております。