業務のご案内 | 神戸 行政書士オフィス辻下
フリーランスや小さな会社,個人事業主,ビジネス,プライベートを問わず、契約書をはじめ合意書,和解書,念書,覚書,利用規約,同意書など、約束をした事実と、約束の存在する証拠として、効力ある権利義務書類作成をサポートします。

業務のご案内

契約書をはじめ合意書,覚書,念書,和解書,利用規約など、ビジネス,プライベートを問わず、約束をした事実と、その約束が存在する証拠として、効力ある書類作成をサポートします。書類作成に関するご不明点,疑問点は当オフィスまでご相談,お問い合わせください。


そもそも契約書や合意書,利用規約などの権利義務書類は必ず必要か?

契約の成立には原則として契約書のような書面の作成は必須ではありません。プライベート,ビジネスそれぞれにおいて、そもそも「契約書を作成しない」,「合意書を作成しない」という選択肢もありと思います。契約や約束の目的,種類,金額等によって、様々な内容の契約があり、作成する契約書や合意書,念書といった書類も様々です。

例えば、100円の筆記具を購入するのに契約書は作成しないと思いますが、100円のアプリの購入であれば、利用規約なる契約書を作成することはあります。又、1000円の工具を購入する場合、契約書を作成しないこともありますが、作成したとしても、5ページ,10ページもある契約書を作成することは不要だと思います。しかし、1億円を超える機械の売買契約書が2ページということは考えにくいと思います。

ご希望の内容を十分に吟味し、明示すべきものは的確に記載し、必要のないものは記載しない。当オフィスでは簡潔かつ明確な表現の契約書など書類の作成を目指します。


当オフィスでの書類作成サポート

ご相談いただいた内容を検討し、当事者の権利義務を明確化していくことにより、約束の当事者は誰か,いつ約束したか,いつからその約束の効力があるか,どんな権利と義務があってどんな場合に権利が発生し義務が発生するのか,その権利は誰のものでその義務はだれが負うのか,約束が守れなかったらどうするのか、等を法的に構成し、ビジネス,プライベートにかかわらず契約書,合意書,覚書,念書,和解書,利用規約などの権利義務書類の作成をサポート致します。


 

原則、合意書や覚書,念書に署名・押印した当事者は後日、合意書や覚書,念書に記載された事項と異なる主張をしてもそのような言い分は認められません。プライベートあるいはビジネスにおける取決め,約束を文書にしてお互いの権利義務を明確にするため、また、曖昧な記憶や都合の良い解釈によるトラブル防止のために文書を作成して残すことは有効です。


当オフィスではビジネス,プライベートにかかわらず紛争の抑止力となる(紛争予防の為の)書類、万一、紛争が起こった場合でも、当事者の行動規範となり紛争の円満解決の指針として機能するような権利や義務の明確な書類の作成を目指しております。


 

個人のお客様

個人のお客様

トラブルが起きる前に、その約束を書面に残していますか?。合意書や念書,覚書,和解書など大切な約束や取決めた内容を書き記した文書は、約束したという事実とその約束が存在することの証拠として有用です。「大切な約束を書面に」をサポートします。

フリーランスや個人事業主,小さな会社のお客様

フリーランス,個人事業主のお客様

WebサービスやWebアプリ,Webサイトなどインターネットを利用したサービスに限らず、個人事業主やフリーランスで仕事をしている方,自宅サロン,自宅教室を開業,検討の方など、ご自身が提供するサービスについて利用規約や業務委託契約書を用意していますか?。

その他ビジネス契約書(システム開発契約書)

ビジネス契約書

契約書の作成,レビューにおいては、対象とする取引の背景,実情を正しく理解する必要があります。システム開発委託契約の場合は、取引の実情だけでなく、技術的な背景に対する一定の理解も必要となります。


当オフィスへのご相談,ご依頼の流れ

― 権利義務書類作成に関するお問い合わせ, ご相談からご依頼,完了まで ―

01 お問い合わせ,ご相談

お電話又は、当ホームページのお問い合わせフォームで、当オフィスまで連絡下さい。簡易な内容であれば、無料相談内で対応可能の場合もございます、まずはご相談下さい。費用が発生する場合は、別途お見積り致します。その場でのご判断,ご返答は必要ございません。十分ご検討の上、ご連絡下さい。電話,メール等、ご希望の連絡方法で連絡致します。
営業時間 平日9:30〜17:30 (お問い合わせフォームからは24時間受付)
※)事前にご予約を頂ければ営業時間外でも対応致します


02 お見積り,ご検討,ご依頼

電話やメール又は当オフィスでご相談内容をお伺いいたします。ご希望があればお客様のご自宅や職場の近郊などご希望の場所へ伺います。ご相談内容を伺った上で費用が発生する場合は別途お見積り致します。その場でのご判断,ご返答は必要ございません。十分ご検討の上、ご連絡下さい。費用,納期などについてご了承いただいたうえで、正式にご依頼を頂ければ申込書にご記入いただき、速やかに業務に着手致します。
(※)お客様のご自宅や職場の近郊などご希望の場所へ伺う場合は別途交通費の実費を頂戴します。


03 書類作成― カウンセリングとコンサルティング ―

詳しくご相談内容を伺います。(行政書士には守秘義務が課せられております。お伺いした内容を正当な理由なく第三書に開示することはございません。)ヒアリングした内容をもとに作成する書類を確定し、文言,構成など作成するうえでの注意点を含めた助言とともに書類原案を作成致します。ヒアリングはメール,電話のみでも対応可能です。


04 修正,納品,お支払い

書類の原案作成が完了すれば、これをご依頼者の方へお引渡します。内容の確認をしていただき、修正点があれば協議の上、さらに修正していきます。ご依頼者との協議の結果、書類が完成すれば、これをご依頼者に引渡、納品とさせていただき案件終了と致します。案件終了後、業務完了報告書にご記入いただきき請求書を発行いたします。現金による支払いあるいは、指定口座へお振込み下さい。


料金

サービス内容 料金(税別)

  権利義務書類に関する相談
  
  ¥5,000/1案件(60分〜90分程度)

  権利義務書類の内容確認
  
  ¥10,000/1件〜 (書類を確認の上、別途お見積り致します)

  権利義務書類の原案作成
  
  ¥20,000/1件〜 (詳細を伺った上、別途お見積り致します)

※お問い合わせ,ご相談後、その場での判断は必要ございません。十分検討頂いた上で、依頼するかどうかをご連絡下さい。
※上記料金とは別に、収入印紙代や交通費等の実費を頂戴する場合がございます。合わせてお見積り致します。


ご相談,お問い合わせ

簡易な内容であれば、メール,電話のみで対応可能の場合もあり、無料相談内で解決する場合もございます。まずは、ご相談下さい。ご相談内容によって、費用が発生する場合は別途お見積り致します。その場での判断は必要ございません。十分ご検討のうえご連絡下さい。その他、サービス内容,料金,作業の進め方などご不明点についても、お気軽にお問い合わせください。
電話でのお問い合わせは電話番号業務時間 9:30〜17:30(土・日・祝祭日 休
問い合わせフォームからは24時間受け付けております。


About Us

AboutUs

行政書士 辻下仁雄
甲南大学理学部卒業 応用数学を学びSEとしてIT関連企業に勤務。2017年行政書士事務所を開業、現在に至る。
ビジネス,プライベートを問わず大切な約束を書き記した書類は、約束をしたという事実と約束が存在する証拠として有用です。自身で作成した書類に法的に効力があるのか、どんな書類を作成したらいいかわからない等、お問い合わせ,ご相談下さい。