念書の書き方として決まった書式とかはありません

念書の作成例

念書の書き方として決まった書式とかはありません

念書の書き方として決まった書式とかはありませんが、次のよう項目を盛り込んで作成します。「約束の履行者の氏名」、「約束を履行される人の氏名」、「履行する年月日」、「履行する場所」、「履行方法、手段」、「約束の内容」、「念書作成日」、「作成者の署名と押印」。内容は、「いつ何をして、どういう約束だったか」、「それがどうなったか」、「それでどうするのか」といったことを書きます。

Detail


借入金返済に関する念書の例

@念書

A平成〇〇年〇〇月〇〇日

B〇〇  〇〇殿

C住所                   

D氏名                印

E貴殿より平成△△年△△月△△日に完済する約束で平成□□年□□月□□日に借用しました金50万円の返済が遅れてしまい大変申し訳ありません。
F元利金合計51万円は以下の通り必ずお支払い致します。
平成〇〇年〇〇月〇〇日限り  金〇〇円
平成〇〇年〇〇月〇〇日限り  金〇〇円

以上


後日の証として本念書を差し入れます。

@はタイトルです。「念書」にしなければならないといった決まりはないですが、わかりやすいので「念書」にしておきます。
Aは念書作成日 Bは約束を履行される人の氏名 CDは作成者(=約束の履行者)の住所、氏名、署名と押印です。Eは「いつ(=平成□□年□□月□□日)」「どんな約束で(=平成△△年△△月△△日に完済する約束)」「何をした(=金50万円を借用)」「それがどうなった(=返済が遅れた)」Fは「それでどうするのか(=2回に分けて返済)」
「履行方法、手段」「履行する場所」等は記載していないので、返済金を持参するのが基本ですが、返済が口座振り込みであれば、振り込みによる返済と記載し、振込先の口座名も記載しておきます。


家族生活に関する念書の例

@念書

A平成〇〇年〇〇月〇〇日

B〇〇  〇〇殿

C住所                   

D氏名                印

E私は○○年○○月○○日、貴殿に対しF○○などの暴言を吐くなどしました。私の行為により、貴殿に精神的苦痛を与えてしまったことを大変反省しています。本当に申し訳ありませんでした。
G今後二度と同様の行為を繰り返さないことを誓約するとともに、もし同様の行為をした場合には、貴殿の要求に応じてH○○に応じることに同意します。

@はタイトルです。「念書」にしなければならないといった決まりはないですが、わかりやすいので「念書」にしておきます。
Aは念書作成日 Bは約束を履行される人の氏名 CDは作成者(=約束の履行者)の住所、氏名、署名と押印です。Eは「いつ(=〇〇年○○月○○日)」Fは「何をした(=暴言を吐いた)○○は具体的な暴言の内容等」Gは「それでどうするのか(=二度と同様の行為を繰り返さないことを約束)」H「約束を破ったときはどうするのか(=離婚,別居などの話し合いに誠意をもって応じる等)」


念書の表題(タイトル)について

先ほどの作成例でタイトルを「念書」としましたが、「念書」というタイトル(言葉)には「何か怪しい雰囲気の響きがあり、何となく使いたくない」という場合、タイトルは「誓約書」でも「確認書」でも問題はありません。重要なのは記載内容で、そこに書かれている内容の事実が当事者に帰属します。





文書作成に関するサービス,お問い合わせのご案内

文書作成に関するサービスのご案内

 

どういった文書を残せば良いかわからないが、金銭,家庭,家族,仕事等、とにかく「約束したこと」,「取り決めたこと」を後々のトラブル防止のため文書として残しておきたい。ビジネス,プライベートそれぞれのご相談,ご依頼内容に応じて、契約書,合意書,念書,覚書,誓約書等、無効とならない最善の文書作成をサポートします。
こちら参照


service


お問い合わせのご案内

 

簡易な内容であれば、無料相談内で対応可能です、まずはお問い合わせください。費用が発生する場合は、別途お見積り致します。その場でのご判断,ご返答は必要ございません。十分ご検討の上、ご連絡下さい。その他、サービス内容,料金,作業の進め方等、ご不明点,疑問点についてもお気軽にお問い合わせください。

About us


お問い合わせは
Tel 078-599-8780 Fax 078-599-8781(営業時間 平日9:30〜17:30)
※)事前にご予約を頂ければ営業時間外でも対応致します
又は当ホームページお問い合わせフォームからお問い合わせください(お問い合わせフォームからは24時間受付)
Contact us



念書に関連する記事

念書を書く場面とその効力
個人的なやり取りにおいて、約束した証拠として又は、事実を確認した証拠として交わされることが多い念書。念書に関して、作成する場面、契約書、合意書、覚書等の文書との違いや効力について
こちらを参照

権利義務文書の法的効力について
契約書,覚書や念書等の権利義務文書に法的効力が「有る」とか「無い」とかといったことについて。文書の存在やそのタイトルが法的効力の有無を決めるのではなく、その文書に書いてある内容が法的効力の有無を決めます。
こちらを参照

契約書や念書等のタイトルの違いと効力
タイトルは作成するケースによって使い分けているだけで、その効力は書かれている内容によって判断します。つまり書かれている内容が当事者の関係を規定し、表題は当事者の関係を規定しません。
こちらを参照

念書に関するサービス案内

service

念書の作成、内容チェック、相談
念書は合意書や契約書と違い当事者の一方のみが作成し、他方当事者に差し入れます。受け取った側は、内容に異議を申し出ない場合は、記載された内容を了承したものとみなされます。差し出す側に都合のよい事実のみが記載されている場合は、速やかに修正を求めることが大切です。念書の作成,内容チェックをサポートします。
こちらを参照

ABOUT US

サイト運営

行政書士オフィス辻下

所在

〒650-0022
兵庫県神戸市中央区元町通6-8-19  804号
TEL 078-599-8780
FAX 078-599-8781

サイト管理者

行政書士 辻下仁雄
1961年11月  大阪市生まれ  神戸市在住
甲南大学理学部卒業  応用数学を学び、
システムエンジニアとしてIT関連企業に勤務
2017年  行政書士事務所を開業  現在に至る




このページの先頭に戻る


TOP −業務案内− −オフィス案内− −お問い合わせ−