金銭の貸し借りのときに作成する文書のポイント

金銭貸借に関する契約書等の文書(借用書,金銭消費貸借契約書)

お金の貸し借りを行うときは、通常、貸し借りの金額や返済期間,利息などの条件について話し合い、合意した内容の文書を作成します。作成する文書としては、借用書,金銭消費貸借契約書,貸金に関する合意書や念書など色々あります。

お金の貸し借りは文書が無くても口約束だけで成立(金銭消費貸借契約が成立)するので、友人,知人など個人間の貸し借りのときは文書を作らずに貸し借りを行うこともあり、そのため後々トラブルとなる事例はよくあります。金銭消費貸借契約は、契約そのものが単純なのでメモ書き一枚でも効力を有することもあります。
    例えば    「○○年〇月〇日 返す約束で金○○円受け取りました。 □□某」
この程度の一行のメモ書きでも何も文書が無いことに比べれば、有効です。

Detail


金銭の貸し借りのときに作成する文書のポイント

上記の一行のメモ書きでも効力を持たせるためのポイントは
1.返す約束をしたこと
2.借主が金銭を受領済であることとその日付
最低限、以上の2点を明記の上、借主の署名又は押印をもらうことです。借主本人の直筆であればなお良いのですが、絶対ではありません。ただし署名は本人の直筆をもらうことです。証拠としての効力は貸し借りの当事者の意思に基づいて作成されたことで、当事者が実際に筆記したことが必要ではありません。直筆の署名があれば、そこに書いてある内容は、署名をした本人の意思に基づいているとの証拠として有効です。


借用書,金銭消費貸借契約書のポイント

借用書も金銭消費貸借契約書も内容的には同じような文書ですが、借用書は通常、借主側のみが署名,押印するのに対して、金銭消費貸借契約書は借主側,貸主側双方が署名,押印します。借用書や金銭消費貸借契約書を作成する場合、大事なことは上記のメモ書き同様、返す約束をしたこと、借主が金銭を受領済であることの明記です。取決めの要点として
1.貸付金元金の額
2.返済時期
3.利息の有無と利息を付ける場合の利率
4.遅延損害金
5.期限の利益を失う条件
です。

貸付金の元金

金銭貸借の契約は実際にお金を授受することで成立するので、借主が借入金を実際に受領済であることを記載することがポイントです。
もし、記載できなかった場合などは、貸付金を受領したという領収証をもらって、作成する文書と一体にしておく方法もあります。

返済時期

弁済期とも言い、借主がお金を返す期限です。弁済期についての記載が無い場合や不明なときは、貸主は「相当の期間」を定めて返還の催告ができます。しかし、この期間をあまり短くするとその効果が否定される場合もあります。やはり、返済の時期についてはしっかりと明記しておくべきです。

利息,遅延損害金

利息は年〇〇%という表現が通常です。遅延損害金も利息と同じ書き方です。ただし利息制限法による制限を超えた場合、無効となります。利息についての取決めがなければ、貸主は利息の請求はできません。利息の取決めが明記されていても、利率の取決めがなければ、法定利率になります。
友人,知人との貸し借りの場合は、「悪いから利息は無しでいいよ。」という場合もあるかもしれないですが、いざトラブルとなった時、利息や遅延損害金が無いと「本当に返してもらうつもりで貸したの?」ということになりかねません。せめて遅延損害金については明記しておくべきです。

期限の利益

決められた日時までは返済せず、借りたお金を使えるというのが、借主にとって期限の利益と呼ばれます。期限の利益を失った場合、貸主は元金の返済を請求できますし、以降は利息ではなく遅延損害金の支払いを請求できます。この条項を入れないと貸主にとって不利となるため、通常、期限の利益を失う条項を入れます。内容としては、利息の支払いを怠ったり、分割返済の約束のときに支払を遅延したりした場合です。


文書作成サービス,お問い合わせのご案内

金銭の貸し借りに関する文書作成サービスのご案内

 

雛型を参照して自分で作成したけど、書式,内容を確認してほしい、やっぱり専門家に作成してほしい。等々、金銭消費貸借契約書(借用書),債務承認弁済契約書,借入金返済に関する念書,金銭貸借に関する覚書等,どういった文書を作成すれば良いかわからないが、とにかく効力のある正式な文書を作成したい。ご相談者の状況,ご依頼内容に応じて最善の文書作成をサポートします。
こちら参照


service


お問い合わせのご案内

 

簡易な内容であれば、無料相談内で対応可能です、まずはお問い合わせください。費用が発生する場合は、別途お見積り致します。その場でのご判断,ご返答は必要ございません。十分ご検討の上、ご連絡下さい。その他、サービス内容,料金,作業の進め方等、ご不明点,疑問点についてもお気軽にお問い合わせください。

About us


お問い合わせは
Tel 078-599-8780 Fax 078-599-8781(営業時間 平日9:30〜17:30)
※)事前にご予約を頂ければ営業時間外でも対応致します
又は当ホームページお問い合わせフォームからお問い合わせください(お問い合わせフォームからは24時間受付)
Contact us



契約書や合意書に関連する記事

債務承認弁済契約書
お金の貸し借りのときに何も文書を残していないといった場合でも、借主の協力で後から文書を作成することはできます。法的問題もありません。
こちらを参照

契約書作成の意義と契約
皆様は日々の暮らしで契約を意識することはあまりありませんが、色々な契約をしながら暮らしています。しかし、書面を作成することはほとんどしていません。原則、契約の成立に書面は必要ありません。では、何故契約書が必用なのでしょうか?
こちらを参照

契約書,合意書等のタイトルの違いと効力
タイトルは作成するケースによって使い分けているだけで、その効力は書かれている内容によって判断します。つまり書かれている内容が当事者の関係を規定し、表題は当事者の関係を規定しません。
こちらを参照

権利義務文書の法的効力について
契約書,合意書,覚書等の権利義務文書に法的効力が「有る」とか「無い」とかといったことについて。文書の存在やそのタイトルが法的効力の有無を決めるのではなく、その文書に書いてある内容が法的効力の有無を決めます。
こちらを参照

有効な合意書や覚書の書き方
合意書や覚書は、基となる契約書に対して付随的・派生的・補足的な内容を記載するイメージがありますが、記載内容によっては契約書と同様に法的効果があります。
こちらを参照

合意書や覚書の具体的記載内容の例
建物賃貸借,金銭消費貸借,業務委託,業務請負,近隣問題,家族に関するものなど、合意書,覚書の記載内容の例や記載のポイント
こちらを参照

念書を書く場面とその効力
個人的なやり取りにおいて、約束した証拠として又は、事実を確認した証拠として交わされることが多い念書。念書に関して、作成する場面、契約書、合意書、覚書等の文書との違いや効力について
こちらを参照

念書の作成例
念書の書き方として決まった書式とかはありませんが、「いつ何をして、どういう約束だったか」、「それがどうなったか」、「それでどうするのか」といったことを書きます。項目としては、「誰が誰に対して約束したか」、「約束を実行する年月日,場所,方法,手段」、「約束の内容」、「作成日」、「作成者の署名と押印」。
こちらを参照

ABOUT US

サイト運営

行政書士オフィス辻下

所在

〒650-0022
兵庫県神戸市中央区元町通6-8-19  804号
TEL 078-599-8780
FAX 078-599-8781

サイト管理者

行政書士 辻下仁雄
1961年11月  大阪市生まれ  神戸市在住
甲南大学理学部卒業  応用数学を学び、
システムエンジニアとしてIT関連企業に勤務
2017年  行政書士事務所を開業  現在に至る



このページの先頭に戻る


TOP −業務案内− −オフィス案内− −お問い合わせ−