念書を書く場面とその効力や書き方

念書を書く場面とその効力や書き方

そもそも念書とは

何らかの約束をしたときに、どんな約束だったかなどを文書にしたもの。約束した証拠として念のために差し入れるという意味合いの書面です。約束した内容以外に、約束の条件や、約束が果たされなかった時の対処などを書く場合もあります。約束した当事者の一方のみが作成し、他方の当事者に差し入れるというものです。したがって、差し入れる当事者のみが署名・押印します。

Detail


念書を書く場面

念書は何らかの約束をしたときに、どんな約束だったかなどを文書にしたものです。ビジネスシーンでも取り交わされますが、プライベートなやり取りにおいて、約束した証拠又は、事実を確認した証拠として交わされる場面が多いです。その背景には、争いを避けるため、あるいは争いが解決したときにその争いの再発防止があります。例えば、少額金銭の返済に関する念書や家族生活に関する念書等があります。

契約書や合意書,覚書との違い

契約書、合意書、覚書は当事者間の合意事項が記載されますが、念書は念書を作成する当事者が約束する事項のみが記載されます。念書を作成した当事者は、念書に書かれている約束事項に拘束され、念書を受け取った当事者は念書において何の約束もしていないので、念書に基づく義務を負うことはありません。

念書の効力

念書がある「だけ」では法的強制力はありませんが、約束をしたという証拠にはなります。後日、書いてある内容と異なる主張をしても原則、そのような言い分が認められることはありません。後に念書で交わした内容について争うようなことがあり、裁判になった場合、念書に書いてあるような事実があったという証拠として機能します。裁判上、証拠として役に立つという意味で「法的効力」があるということになります。もちろん、念書に書いてある内容が有効であることが前提です。書かれている内容が公序良俗に反するものや、法令に違反しているもの、実現不可能な内容であれば無効となります。その他、念書を書いた本人が未成年者であったり、詐欺や強迫を行って書かせた場合は念書の効力が後に取り消される可能性があります。

書き方

念書の書き方は表題を通常「念書」とします。ただ、表題をこうしなければならないといった決まりはありません。重要なのは、当事者の特定、債務の承認とその内容です。債務の承認とは、例えば借入金の返済に関する念書であれば、「返す約束で確かにお金を借りました」という事実を認める内容を文書にします。客観的に見て内容が理解できるように具体的な内容で文書にします。後は以下の内容を盛り込んで作成します。
@約束の履行者の氏名
A約束を履行される人の氏名
B履行する年月日
C履行する場所
D履行方法、手段
E約束の内容
F念書作成日
G作成者の署名と押印
ただし、念書を受け取る側の注意点として、受け取った念書の内容に異議を申し出なければ、記載された内容を了承したものとみなされ、後日不利益を被ることもありえます。念書を受け取る当事者は記載内容の確認を行い、不利益を被る可能性のある記載事項については、速やかに内容修正を求めることが重要です。

念書の作成例

念書の書き方として決まった様式とかはありませんが、次のよう項目を盛り込んで作成します。「約束の履行者の氏名」、「約束を履行される人の氏名」、「履行する年月日」、「履行する場所」、「履行方法、手段」、「約束の内容」、「念書作成日」、「作成者の署名と押印」。内容は、「いつ何をして、どういう約束だったか」、「それがどうなったか」、「それでどうするのか」といったことを書きます。
以下借入金返済の例です。

借入金返済に関する念書の例

@念書

A平成〇〇年〇〇月〇〇日

B〇〇  〇〇殿

C住所                   

D氏名                印

E貴殿より平成△△年△△月△△日に完済する約束で平成□□年□□月□□日に借用しました金50万円の返済が遅れてしまい大変申し訳ありません。F元利金合計51万円は以下の通り必ずお支払い致します。
平成〇〇年〇〇月〇〇日限り  金〇〇円
平成〇〇年〇〇月〇〇日限り  金〇〇円

以上


後日の証として本念書を差し入れます。

@はタイトルです。「念書」にしなければならないといった決まりはないですが、わかりやすいので「念書」にしておきます。
Aは念書作成日 Bは約束を履行される人の氏名 CDは作成者(=約束の履行者)の住所、氏名、署名と押印です。Eは「いつ(=平成□□年□□月□□日)」「どんな約束で(=平成△△年△△月△△日に完済する約束)」「何をした(=金50万円を借用)」「それがどうなった(=返済が遅れた)」Fは「それでどうするのか(=2回に分けて返済)」
「履行方法、手段」「履行する場所」等は記載していないので、返済金を持参するのが基本ですが、返済が口座振り込みであれば、振り込みによる返済と記載し、振込先の口座名も記載しておきます。

その他の念書

その他には、賃貸借契約に関して家賃滞納やペット飼育の念書、無断欠勤の始末書としての念書、遅刻や就業中の私的な要件など就業違反に関する念書等があります。

タイトルについて

先ほどの作成例でタイトルを「念書」としましたが、「念書」というタイトル(言葉)には「何か怪しい雰囲気の響きがあり、何となく使いたくない」という場合、タイトルは「覚書」でも「確認書」でも問題はありません。重要なのは記載内容で、そこに書かれている内容が当事者に帰属します。

当オフィスでは

 

約束事,取り決め事等、ご相談内容に応じて適切な念書を作成します

「こんな念書を受け取ったけど内容に問題がないか確認してほしい」
「念書を書いたけど書式、内容に間違いが無いか確認してほしい」
「自分で作成するから、書き方だけ教えてほしい」
「そもそも書き方がわからない」等々、まずはご相談、お問い合わせください

ご相談内容を十分ヒアリングしたうえで、ご相談内容、約束事の種類に応じて必要事項を漏らすことなく記載した適切な種類の念書をご提案、作成します、又受け取った念書に不利益となる記載事項が無いか等、内容をチェックします

その他、サービス内容,料金,作業の進め方等、ご不明点,疑問点についてもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは Tel 078-599-8780 Fax 078-599-8781(営業時間 平日9:30〜17:30)
※)事前にご予約を頂ければ営業時間外でも対応致します

又は当ホームページお問い合わせフォームからお問い合わせください(お問い合わせフォームから24時間受付)
Contact us

ABOUT US

About us

サイト運営

行政書士オフィス辻下

所在

〒650-0022
兵庫県神戸市中央区元町通6-8-19  804号
TEL 078-599-8780
FAX 078-599-8781

サイト管理者

行政書士 辻下仁雄
1961年11月  大阪市生まれ  神戸市在住

甲南大学理学部卒業
応用数学を学び、システムエンジニアとしてIT関連企業に勤務
2017年  行政書士事務所を開業  現在に至る

業務のご案内

service

権利義務書類作成のサービス
どんな書類を作成したら良いかわからないが、とにかく約束したことを文書にしたい。ご相談内容に応じて適切な文書をご提案、作成をサポートします。

契約書作成サービス
事業形態,取引状況,新規事業立ち上げ,新規取引,約束,取決め事等、ビジネス,プライベート夫々のご相談内容に応じて適切な契約書をご提案、作成します。

契約書チェックサービス
「雛型を利用して作成した」,「以前作成した契約書を利用して修正を加えた」等、お手元の契約書に不安,疑問がでてきたとき、契約書の内容をチェックします。

合意書や覚書作成相談サービス
プライベート,ビジネスにおける取決め等を文書にして、曖昧な記憶や都合の良い解釈によるトラブル防止のため、文書のご提案,作成、文書チェックをサポートします。

念書作成相談サービス
念書を受け取った方は、内容に異議を申し出ない場合は、記載された内容を了承したものとみなされます。一方的に不利益になっていないか内容確認をサポートします。

遺言書作成相談サービス
遺言はその人の最終の意思表示です。遺言は法律でその方式が定められており、従わなければ無効となります。不備のない正しい遺言書の作成をサポートします。


関連記事

契約書作成の意義と契約
契約書や念書等の書類の違いと法的効力について
合意書や覚書の効力と契約書との違い
有効な合意書や覚書の書き方


このページの先頭に戻る


TOP −業務案内− −オフィス案内− −お問い合わせ−